遠距離恋愛、仕事を辞めないで別居婚(週末婚)をしてよかったこと



こんにちは、えいこです。

社会人の遠距離恋愛において、「一緒に住むために仕事どうする問題」(ネーミングセンス)は避けては通れないと思います。

私も当時たくさん悩んで、とりあえず別居婚(週末婚)から結婚生活をスタートすることにしました。

今回は別居婚を選ぶメリット、デメリットや私が感じたことをまとめてみました。

現在同じようにお悩みの方に読んでもらえればと思います。

社会人遠距離カップルの結婚における選択肢

どちらかが異動する

まず社会人の遠距離恋愛カップルが結婚する際、どのような選択肢があるかを考えてみました。

会社員にとってはどちらかの異動により勤務地を合わせることがベストだと私は思います。

引越の費用を負担してくれる会社もありますし、一般的には転職より異動の方がストレスが小さいです。

私の先輩も、遠距離恋愛の彼氏と結婚するために退職する予定でしたが、会社が異動させてくれることになりキャリアを諦めずに彼氏と同居ができたと喜んでいました。(羨ましい!!)

もちろん狙った勤務地にぴったりと異動できるパターンはおそらく稀で、全員ができることではありませんが、もし事業所があるのであれば打診してみてはどうでしょうか。

どちらかが仕事を辞める/転職する

実際には殆どがこのパターンで、特に彼女の方が仕事を辞めたり転職したりして彼氏の元へ引っ越すことが多いです。
彼女が働いている会社の条件が良かったり、彼女が働いている地域で結婚生活をしたい場合は彼氏の方が転職するカップルもいます。その場合は公務員や転勤がない会社が多いようでした。

引っ越す側には大きな負荷がかかっているので、来てもらう側はサポートやケアをして労わって欲しいなと思います。一世一代の決断をして来た側からすると、相手の迎え方が雑だとなかなかつらいです。結婚後も絶対に忘れません!

別居のまま結婚する

お互いの生活をそのまま維持して結婚するパターンです。私たちはこちらを選ぶことになりました。
いつかは一緒に住みたかったのですが、どちらも「今は仕事を辞めるタイミングではないかな」と思っていたからです。

結婚を決めた当時は新幹線か飛行機+バスで片道5時間かかる距離だったのですが、2人の勤務地が近づくようにお互い異動希望を出すことにしました。

別居婚のメリットとデメリット

メリット

お互いがキャリアを継続して積める

生活を変えないことでお互い仕事に専念することができました。

私たちにとってはこのメリットがどんなデメリットよりも大きかったです。

生活を変えなくていいので楽

一緒に住むと家事の負担が増えたり(女性は特に)少なからず相手に気を使ったりするのですが、別居なのでそういったストレスが当然ありません。

これまで通り友達と会ったり趣味に時間を使ったりと自分の時間を楽しむことができました。 

カップル気分を味わえる

夫婦ではありますが、毎日一緒にいないので会ったときはとても新鮮な気持ちで接することができます。デートも毎回楽しみにしていました。 

デメリット

お金が余計にかかる

家が2つあるわけですから、住居費や光熱費といった生活費が一緒に住む場合と比べて多くかかってしまいます。
また会いに行くための交通費も、遠距離恋愛中と同様にかかってしまいます。
個人的にはこのデメリットが一番大きいのかなと思います。

会えなくて寂しい

結婚という形で繋がっていることがとても心強かったので遠距離恋愛の時ほどではなかったですが、やはり寂しいものは寂しいです。

自分で選んだことですが、「早く一緒に住みたい!」といつも思っていました。

生活費を管理しづらい

一緒に生活する場合は生活費を管理しやすいのですが、離れていると把握しきれない部分があります。私たちは、目標の貯金額はありましたが、お互い自分の給料で生活費を支払い、それぞれで貯金するというように結婚前と変わらない状況で生活していました。

別居婚を選ぶ前に話し合ってよかったこと

どうやって別居を解消するか

私たちは勤務地が重なるよう、お互いが異動希望を出しました。

異動希望の出し方によっては人事評価に響く会社もあると思いますが、一生勤め上げる気はあまりないので強気で希望しました。(そうです、ゆとり世代です) 

いつまで別居するか

先の見えない遠距離恋愛と同じで、異動の希望が通りいつ同居できるか分からないことがつらかったので期限をつくりました。

これがあったことで、「いつかは一緒に住めるんだ!」と前向きに楽しむことができたなと思います。

具体的には2年以内に同居の目途が立たない場合はどちらかが転職して同居をしようと決めました。

生活費と貯金をどうするか

すみません、これは話し合うべきだったものです(笑)

生活費についてあまり話し合えていなかったので、お互い使いたいだけ使っていました。結婚式の出費がひと段落して安心したのか、貯金のペースも落ちてしまいました。

私たちが別居を解消したきっかけ

結婚後すぐに妊活をはじめたのですが、幸運なことに3カ月程で子供を授かることができました。

そして育児休職期間を夫の勤務地ですごすことにしたため、別居を解消することになったのです。(予想外のあっけなさ)

ただ職場はいまだ遠距離のままなので、仕事復帰のタイミングについて現在悩んでいます。

まとめ

結婚というと一緒に住むことが当然と思われがちで、私たちが結婚するときも周囲からは反対されることも多くありました。

しかし「とりあえず別居のまま結婚する!」という選択は私たちにとって間違ってなかったです。

それぞれの生活を大切にする「別居婚」、いいところもたくさんあるのでもっと自信を持って選べるような社会であってほしいなと思います。
ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です